建物についての魅力、特徴

軍艦マンション建物についての魅力、特徴

「軍艦マンション」の異名を持つ「第3スカイビル」こと「GUNKAN 東新宿」ですが、魅力はどこにあるのでしょう。それはやはり、この軍艦らしいビジュアルにあるのではないでしょうか。他では絶対に見られないデザインのマンションです。
地下1階地上14階からなるそのマンションの部屋ひとつひとつが、外にせり出しています。壁の面の中に部屋があるのではなく、部屋一つ一つの集合体でマンションになっている感じです。築年数が45年以上経っているこのマンションは2011年にシェアハウスとして再出発しました。
遠目からもハッキリとわかりやすいそのフォルムは「あの軍艦っぽいのが自分の家だよ」と説明しやすいです。屋上にある最も軍艦らしい部分は高架水槽です。横向きに設置されていて左右対称に2つ設置されていて、遠目からでも目を引く存在です。
現在は3階から5階はオフィスフロア。6階から8階はシェアSOHO。10階から14階をシェアハウスとなっています。7階には共有のシャワー施設もあります。「住宅として住むのはちょっと勇気がいる」と言う方も、お勤め先が軍艦マンションならちょっと自慢できそうなかんじではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る