この建物の歴史、建設の経緯等

三鷹天命反転住宅この建物の歴史、建設の経緯等

「三鷹天命反転住宅」をご存知でしょうか。愛知県名古屋市出身の美術家であり建築家の「荒川 修作(あらかわ しゅうさく)」と妻の「マドリン・ギンズ」による「死なないための住宅」です。
場所は三鷹と付くだけあって、東京都の三鷹市にあります。周辺を歩いていると非常にカラフルな建築物が視界に飛び込んでくるのですぐにわかると思います。
この三鷹天命反転住宅にはサブタイトルではないですが、「In Memory of Helen Keller ~ヘレン・ケラーのために~」とあります。
ヘレン・ケラーの生涯をご存知ですか。病気により聴力と視力を失ったヘレン・ケラーは身体を通して自然や人とのつながりを学び、新しい世界を切り開いていったのです。この家でヘレ・ケラーの様に身体の無限の可能性を体感して、“不可能を可能に=天命反転”を遂げるというのが、その名の由来なのだそうです。
カラフルな外観は意外に街に溶け込んでいるのが不思議な感じがしてしまうのですが、それは「住宅」として機能している証なのかも知れません。
住宅ですので、無許可で立ち入ってはいけません。事前に見学会に申し込んでおきましょう。見学会のスケジュールはホームページに記載されていますので確認して下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る